昆虫担当学芸員協議会
ニュース
総会

(詳細)
タイトル: 次回(第15回)昆虫担当学芸員協議会総会
投稿者: kana
日付: 2006-6-24(土)
時刻: 12:52
閲覧数: 2926
内容
 今年も日本昆虫学会大会の小集会の形で総会を開催します。

 総会のテーマは「種情報データベースの構築と利用」です。最近、インターネットなどのネットワークが発展・充実してきました。具体的には常時接続環境がかなり普及し、WEB2.0、XMLやRSSといった技術が進歩して、種情報データの登録と利用環境が整ってきました。そして、文部科学省科学研究費「アジア産農林害虫・有用昆虫の種情報の体系化・ネットワーク化と分散検索システム」(基盤研究(A)、2006〜2008年)が採択され、ホロタイプや農林害虫のデータベースから構築が始まっています。博物館や一般の研究者の標本、文献記録も考慮した枠組みの構築が課題です。さらに、GBIF(The Global Biodiversity Information Facility, 地球規模生物多様性情報機構)の活動が活発になってきています。西日本自然史系博物館ネットワークでも連携しています。これらは統一仕様にするか、簡単に変換できる方がよいと思われます。

 このような状況をふまえ,博物館施設として、どのような種情報データベースを構築していくか、という可能性を探ります.積極的な参加をお願いします.終了後に恒例の懇親会を行う予定です.

           記

会場:鹿児島市郡元1-21-30 鹿児島大学教育センター共通教育棟
  日本昆虫学会第66回大会A会場30号室

会場の地図
http://www.mus-ent.jp/modules/mygmap/?cat=2

日時:2006年9月17日(日)17:30〜19:30の2時間

話題提供:「種情報データべースの構築と利用」

1.アジア産農林害虫・有用昆虫の種情報の体系化・ネットワーク化と
    分散検索システム
    ○多田内 修(九大・農・昆虫)・金沢 至(大阪市自然博)   

2.種情報データベースとGBIF
    ○神保宇嗣・伊藤元己(東大院・総合文化・広域システム)・
     上田恭一郎(北九州自然史歴史博)

3.国立科学博物館におけるデータベースの構築
    ○友国雅章・篠原明彦(国立科学博物館)

4.佐賀県立宇宙科学館におけるデータベースの構築
    中原正登(佐賀県立宇宙科学館・佐賀県立博物館)

<< 1 ..10 (11) 12 >>