SEARCH
HOME |  NEWS |  BOARD |  DOWNLOAD |  LINK |  LIBRARY |  MESSAGE
ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失
メインメニュー
オンライン状況
2 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 携帯対応掲示板 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 2

もっと...
テーマ選択

(14 テーマ)

イベント

各博物館施設で行われるイベントの情報です。

1: 自然史オープンセミナー・シンポジウム「ゴケグモ類の現状と問題」のご案内(1)   2: 公開シンポジウム「里山の蝶を守る」(1)   3: 公開シンポジウム「大震災・津波により被災した昆虫標本の救済」(1)   4: 青少年のための科学の祭典(2006年11月)(1)   5: 第5回里山保全特別講演会・公開シンポジウム『里山の蝶と蛾を守る』(1)   6: 日本蜻蛉学会公開講演とムカシトンボ類の新種(1)   7: 日本昆虫学会近畿支部2008年度大会・日本鱗翅学会近畿支部第137回例会(1)   8: 大阪市立自然史博物館 ナガスクジラ(骨格標本)の愛称は「ナガスケ」に決定!(2006年4月)(1)   9: 自然史フェスティバル2006(2006年3月)(1)  

 新規投稿 | スレッド表示 | ツリー表示 | 投稿順表示 | i-mode | トップ 

自然史オープンセミナー・シンポジウム「ゴケグモ類の現状と問題」のご案内
kana
管理人

名無しさん 2013/4/26 16:57:12  SITE  [返信] [編集]

自然史オープンセミナー・シンポジウム「ゴケグモ類の現状と問題」

 1995年に大阪市立自然史博物館友の会会員により大阪府南部で発見されたセアカゴケグモは、その後分布を徐々に拡げ、2013年1月現在で全国の24府県で記録されています。関西地方における分布拡大と密度増加に伴い、咬傷事例も増加しています。また、クロゴケグモ、ハイイロゴケグモなど他のゴケグモ類も発見されていて、合計5種の生息が確認されています。これらゴケグモ類の分布拡大と毒性については、あまり注目されておらず、安易な楽観論や間違った情報も流れています。
 このセミナー・シンポジウムでは、日本列島におけるゴケグモ類の分布や毒性などの現状を総括して、問題点を洗い出し、今後の対策に生かす方法を皆で考えます。ふるってご参加ください。

日 時:2013年5月18日(土)午後1〜5時
場 所:大阪市立自然史博物館 講堂
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/
(大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL 06-6697-6221)
対 象:どなたでも参加できます。
定 員:150名(先着順)
問合せ:自然史博物館昆虫研究室の金沢まで
申込み:申込みは不要です。直接会場へお越しください。
参加費:無料(ただし、展示を見る場合には博物館入館料が必要。主催・後援・認定団体会員でシンポジウムだけに参加される方は、南側通用口から団体名を言って入館してください)
主 催:大阪市立自然史博物館、関西クモ研究会、大阪市立自然史博物館友の会
後 援:日本昆虫学会、日本環境動物昆虫学会、日本応用動物昆虫学会
認 定:大阪府医師会生涯研修(番号:349、単位:4)

【内容】(予定)
13:00〜 「ゴケグモ類とはどのようなクモか」
       西川喜朗(追手門学院大学 名誉教授)

13:25〜 「セアカゴケグモの発見と咬傷分析」
       金沢 至(大阪市立自然史博物館)

13:50〜 「セアカゴケグモの毒性」
       杉本 央(大阪大学 医学部 教授)

14:15〜 「自然毒としてのゴケグモ類などの毒」
       乾 公正(日本毒性学会 認定トキシコロジスト)

14:50〜 「行政の内側から見たセアカゴケグモ騒動」
       冨永 修(四条畷保健所)

15:15〜 「ゴケグモ類の分布拡大と波紋」
       清水裕行(大阪市立自然史博物館 外来研究員)

15:40〜 「ゴケグモ類に対する厚生労働省の対策」
       小林睦生(国立感染症研究所 前昆虫医科学部長)

16:15〜  総合討論
日本蜻蛉学会公開講演とムカシトンボ類の新種
kana
管理人

名無しさん 2011/11/10 11:32:24  [返信] [編集]

11月12〜13日に日本蜻蛉学会大阪大会が大阪市立自然史博物館で開催され、国際トンボ学会会長の井上清氏による公開特別講演「トンボに学ぶ自然の尊さ〜近畿のトンボと環境保全〜」が予定されています。

ところで、これまで世界で2種しかいなかったムカシトンボ類の新種が、中国北東部で発見されたようです。腹端がオレンジ色の不思議なトンボで、ムカシトンボとほぼ同じ大きさらしいです。大変なホットニュースなので、11月13日午後1〜2時の公開講演の中で特別に写真を使って紹介されるようです。ぜひご来場ください。

日本蜻蛉学会公開講演会
https://www3.mus-nh.city.osaka.jp/scripts/event.exe?C=0#EK6UCPW

また、13日の講演やポスター発表は次のようです。非会員の当日参加もOKでしょう。

11月13日(日)
9:30〜11:50 口頭発表:講堂
1. 生方秀紀 釧路湿原のトンボ群集の変遷
2. Kwang-Soo Jung and Dong-Ha Park 均翅亜目の後ずさり飛翔に関する研究
3. 苅部治紀・佐野真吾・長崎和則・諏訪部晶・梅田孝
横浜市でのリュウキュウベニイトトンボの発生状況と駆除のこころみ
4. 伊藤 智・牧野 周・永幡嘉之 宮城県のオオモノサシトンボが受けた大津波被害
5. 梅崎裕久・長瀬 翔・金沢 至・宮武頼夫
東日本大震災で被災した陸前高田市博のトンボ類標本レスキュー

13:00〜14:00 特別講演:講堂
○ 井上 清 トンボに学ぶ自然の尊さ〜近畿のトンボと環境保全〜

14:00〜14:30 ポスター展示発表:講堂周辺
○ 福井順治 マユタテアカネ♀の翅端斑型の出現頻度と遺伝性について
○ 清 拓哉 国立科学博物館収蔵のトンボ目コレクションの整備と活用に向けて
○ Kwang-Soo Jung,Jae Won Jang and Jong-Eun Lee
アオビタイトンボ属の韓国からの初記録
○ 苅部治紀・諏訪部晶
神奈川県および山梨県におけるホソミイトトンボの急速な分布拡大について 第3報
○ 苅部治紀・須田真一 伊豆諸島のトンボ相

14:30〜15:45 口頭発表:講堂
6. 二橋 亮 富山県におけるアカトンボの減少の実態
7. 渡辺庸子 日本産トンボ類の発生と若齢幼虫−20年の観察記録から−
8. 金沢 至・平化躰逸 ウスバキトンボの南下移動とマーキング調査
公開シンポジウム「大震災・津波により被災した昆虫標本の救済」
kana
管理人

名無しさん 2011/9/14 10:49:52  [返信] [編集]

公開シンポジウム「大震災・津波により被災した昆虫標本の救済」

3月11日の東日本の大震災・津波により被災・壊滅した陸前高田市立博物館の昆虫標本を、岩手県立博物館と本会が協力して修復した経過を報告します。1000年に一度という大震災に立ち向かった各館の活動の様子をぜひお聞きください。

日時:2011年9月18日(日) 13:00〜16:00

会場:松本市信州大学キャンパス 日本昆虫学会第71回大会B会場
http://www.entsoc.jp/meet/m-2011.htm

主催:日本昆虫学会、昆虫担当学芸員協議会、西日本自然史系博物館ネットワーク

内容:
●1.被災現地での昆虫標本レスキューの報告
○藤井千春(岩手県博)・金沢 至(大阪自然博)

●2.津波被害を受けた甲虫標本レスキューについて
大原昌宏(北海道大学総合博物館)

●3.津波により被災した甲虫と鱗翅類標本の救済
○斉藤明子・宮野伸也・倉西良一(千葉県立中央博物館)

●4.東日本大震災津波による被害を受けた鱗翅目昆虫の修復
上田恭一郎(北九州市立自然史・歴史博物館)

●5.震災・津波の被害を受けたトンボ・鱗翅類の標本の救済
○金沢 至(大阪自然博)・宮武頼夫・河合正人(同友の会)・梅崎裕久(関西トンボ談話会)

●6.国立科学博物館による被災標本レスキューの取り組み
○野村周平(国立科博)・大和田守(国立科博)

日本昆虫学会近畿支部2008年度大会・日本鱗翅学会近畿支部第137回例会
kana
管理人

名無しさん 2008/12/9 14:00:14  [返信] [編集]

日本昆虫学会近畿支部2008年度大会・日本鱗翅学会近畿支部第137回例会(昆虫学公開研究発表会)が2008年12月13日(土)に兵庫県立人と自然の博物館で開催されます。

開催要項
http://wwwsoc.nii.ac.jp/entsocj/pdf/knk08.pdf

プログラム
特別講演
11:00 同所的に分布するゴミグモの捕食寄生者,Reclinervellus 属の2種の寄生習性と生活史(Hymenoptera: Ichneumonidae: Pimplinae) /松本吏樹郎(大阪市立自然史博)
11:30 マダラヤドリバエの寄生を克服するリュウキュウアサギマダラ(A danaid butterfl y, Ideopsis similis, overcomes parasitization by a tachinid fl y, Sturmia bella)/○平井規央・石井実(大阪府大院・昆虫)

12:00 〜 13:00 <<休憩>> 日本鱗翅学会近畿支部役員会

研究発表
13:00 1 ヒメボタル(Luciola parvula)幼虫と餌生物の生息密度の関係/○西嶋 翔・安岡拓郎・前藤 薫(神戸大院・農学)
13:15 2 ダンダラテントウ大阪個体群の鞘翅斑紋多型の季節変異に死亡率・産卵数・孵化率が及ぼす影響/○河上康子(高槻市)・大橋和典(豊中市)
13:30 3 ガガイモ科の送粉系に関する知見(その4):イケマへの飛翔性訪花者は送粉に貢献しているのか? コハナバチ・マルハナバチ・蛾類、および、アリ類の訪花行動の比較検討/浜西 洋(兵庫県三田市)
13:45 4 コオロギGryllus #50 WEISSMAN 幼虫に見られる2種類の眠り(rest)とその機能/○西尾良平・竹田真木生(神戸大院・農学)
14:00 5 ミツバチ収穫ダンスの生理的側面/大谷 剛(兵庫県立大・自然環境科学研)
14:15 6 ギンケハラボソコマユバチの産雌単性生殖とそのメカニズム/○古江 翔・前藤 薫(神戸大院・農学)
14:30 7 日本産Zatypota 属(Ichneumonidae,Pimplinae,Polysphincta-group)の幼生期と寄主/松本 吏樹郎(大阪市立自然史博物館)
14:45 8 ニホントガリシダハバチと同胞種シシガシラハバチの遺伝的様相と生物地理的考察/櫻井厚司(神戸大院・農学)

15:00 〜 15:45 <<収蔵庫見学・ポスターセッション・休憩>> 日本昆虫学会近畿支部役員会

P1 ユアサハナゾウムシの奇妙な営繭/沢田佳久(兵庫県博)
P2 マメヤハズの飼育/沢田佳久(兵庫県博)
P3 ヒメボタルの発光時刻の地理的変異と気候との関係/○安岡拓郎(神戸大院・農学)・八木 剛(兵庫県博)・前藤 薫(神戸大院・農学)・竹田真木生(神戸大院・農学)
P4 モルフォチョウの構造色の種多様性/木下修一・神戸亮(大阪大学)
P5 地元西宮市・宝塚市におけるクロマダラソテツシジミの調査研究/法西 浩(ひとはく地域研究員)
P6 モンシロチョウの翅の撥水性/○棚橋一郎・榎本将典(大阪工業大学工学部応用化学科)

15:45 9 北海道・長野産のチビガ科未知種の分類/○小林 茂樹・広渡 俊哉(大阪府大院・昆虫)・黒子 浩(阪南市)
16:00 10 モモ園から発見されたイナゴマメマダラメイガの分類/○北辻 類・吉安 裕(京都府大・生命環境)
16:15 11 北陸地方のコムラサキにおける色彩二型間の遺伝的分化/○長太伸章(京都大・院・理)・大脇 淳(里
山科学館キョロロ)・曽田貞滋(京都大・院・理)
16:30 12 白山にベニヒカゲの西限をたずねて/小野克己(京都市)
16:45 13 モルフォチョウの構造色研究の現状/○木下修一・神戸亮・朱棟・蔡東生(大阪大学・筑波大)
17:00 14 近畿地方におけるクロマダラソテツシジミの発生状況と遺伝子解析/○平井規央・坂本佳子・矢後勝也・森地重博・山本治・石井 実(日本鱗翅学会近畿支部)
17:15 15 野生の動植物は誰のものか/鎌田邦彦(大阪市)
17:30 16 アサギマダラの移動- 2008 年の速報/○金沢 至・大島新一郎(アサギマダラを調べる会)

<< 18:00 - 19:30 交流会(本館4階実習室) >>
第5回里山保全特別講演会・公開シンポジウム『里山の蝶と蛾を守る』
kana
管理人

名無しさん 2008/10/1 21:25:41  [返信] [編集]

 昆虫の宝庫であった里山が変貌しています。種々の要因が里山の生き物に複合的に影響し、身近にいたはずの昆虫が徐々に姿を消しているのです。その実態をさぐる講演会を開催します。この講演会では、近年始まったばかりの京阪神地区のガの生息調査や、保全に向けての活動についてまず報告していただきます。そして、これまで総括的に紹介されることが少なかった紀伊半島のチョウ相やその変化、近畿地方におけるチョウの生息状況、および各府県において保全することが望まれる重要なチョウについての報告を受けます。また、身近なチョウやガの保全に関しての意見交換も行いたいと考えています。
 日時:10月5日(日) 午後1時~午後5時
 会場:大阪市立自然史博物館講堂(南側通用口より入場下さい)
 主催:日本鱗翅学会近畿支部・大阪市立自然史博物館
 内容:
 1.近畿地方における蛾の現状報告(木下總一郎)
 2.紀伊半島における蝶の現状報告:奈良県(伊藤ふくお)、和歌山県(諏訪隆司)、三重県(中西元男)
 3.各府県において保全が必要な種や地域:福井県(三上秀彦)、滋賀県(南 尊演)、京都府(小野克己)、大阪府(森地重博)、兵庫県(近藤伸一)など
 4.総合討論
 参加費:無料(ただし展示を見る場合には博物館入館料が必要)
その他:内容は当日一部変更になる場合もあります。
公開シンポジウム「里山の蝶を守る」
ゲスト

名無しさん 2007/10/5 17:33:12  [返信] [編集]

シンポジウムの案内です。近畿地方の蝶類の生息状況について概観できる初めての良い機会と思います。ふるってご参加ください。

第4回 里山保全特別講演会 公開シンポジウム「里山の蝶を守る」

近畿地方からオオウラギンヒョウモンがほぼ絶滅し、ツマグロキチョウ、クロシジミ、ウラギンスジヒョウモン、ミヤマチャバネセセリなど多くの蝶が近年著しく減少しています。今回のシンポジウムでは、近畿地方の2府5県における蝶の生息状況を明らかにすることにより里山の蝶に今どのような変化が起こっているかを探ります。また、実際に保全活動を実践しているグループの活動報告を聞
き、蝶を守ることについて考えます。

日時:2007年10月7日(日)  午後1時30分〜午後5時

場所:大阪市立自然史博物館 講堂(博物館南側の通用門よりお入りください)
ttp://www.mus-nh.city.osaka.jp/

主催:日本鱗翅学会近畿支部・大阪市立自然史博物館

お申込:申込みは不要です、直接集合場所・会場へお越しください

参加費:無料(本館の展示を見る場合は入館料が必要です)

プログラム:( )内は報告者
1.近畿地方における蝶の生息状況
福井県(三上秀彦)、滋賀県(南 尊演)、京都府(小野克己)、奈良県(伊藤ふくお)、和歌山県(諏訪隆司)、大阪府(森地重博)、兵庫県(近藤伸一)

2.近畿地方における蝶の保全活動報告
1)大阪府能勢町におけるギフチョウ(能勢のギフチョウを守る会:天満和久)
2)兵庫県ハチ高原におけるウスイロヒョウモンモドキ(兵庫ウスイロヒョウモンモドキを守る会:近藤伸一)

その他:内容は当日一部変更になる場合もあります。
青少年のための科学の祭典(2006年11月)
ゲスト

名無しさん 2007/4/3 14:21:40  SITE  [返信] [編集]

旧フォーラムからの移転情報です.

大阪市立自然史博物館の花と緑と自然の情報センターで11月23日、25日、26日に開催されています。

詳しくは次のURLをクリックしてください。

http://www.omnh.net/whatsnew/2006/11/11232526.html
大阪市立自然史博物館 ナガスクジラ(骨格標本)の愛称は「ナガスケ」に決定!(2006年4月)
ゲスト

名無しさん 2007/4/3 14:17:37  [返信] [編集]

旧フォーラムからの移転情報です.

大阪市立自然史博物館 ナガスクジラ(骨格標本)の愛称は「ナガスケ」に決定!
平成18年4月27日
                    大阪市立自然史博物館
                    担当:学芸課長 樽野博幸
                       管理係長 木全達男
                     TEL 06-6697-6222


自然史博物館 ナガスクジラ(骨格標本)の愛称は「ナガスケ」に決定! 4月29日(祝)に命名イベントを行います


 大阪市立自然史博物館では、平成18年3月1日のリニューアルオープンに伴い新たに展示した、全長19メートルのナガスクジラ(骨格標本)の命名イベントを、平成18年4月29日(土・祝)午後1時より開催し、愛称のお披露目を行います。

このナガスクジラの骨格標本は、本館のポーチ部分に、モニュメントとして天井から吊るしたもので、来館者にその愛称を募集していたところ、384名の方から応募があり、このたび審査の結果、大阪府河内長野市在住の中学1年生 加藤馨気(かとうけいき)くん(12歳)から応募のあった愛称「ナガスケ」を優秀作品と決定し、採用する運びとなりました。
 ゴールデンウィークには、まるで大海を悠然と遊泳しているような「ナガスケ」に会いに来てください。


(参考)
■ナガスクジラの愛称募集について

1 愛称募集の応募状況
・ 募集期間 3月1日から4月10日
・ 募集方法 自然史博物館来館者を対象に備え付けの応募用紙で募集
・ 応募者総数 384名

2 選考結果
・ 選考方法 館内選考会議において選考
・ 優秀作品 「ナガスケ」
   大阪府河内長野市在住 同市立東中学校1年 加藤馨気(かとうけいき)くん(12歳)の作品
・ 選定理由  ナガスクジラの「ナガ」と自然史博物館のある長居公園の「ナガ」、そして19メートルもの「ナガ」いクジラを併せて表現し、当博物館のモニュメントの愛称にふさわしい。

3 ナガスクジラの骨格標本
   このクジラは、平成2年(1990)4月に堺泉北港に漂着し、当館で骨格標本にしたオスのナガスクジラで、当時、解剖にあたっては和歌山県太地町の皆さんに、標本にする作業には数百名の市民の皆さんにご協力を得たもので、日本近海で採取され展示されているクジラ類の標本では最大のものです。

4 命名イベントの概要
  ・日  時 平成18年4月29日(土・祝)午後1時〜1時30分
  ・場  所 大阪市立自然史博物館 ポーチ ナガスクジラの骨格標本の下
        (546-0034 東住吉区長居公園1-23 長居公園内 06-6697-6221(代))
最寄駅:大阪市営地下鉄御堂筋線「長居」又はJR阪和線「長居」
・次  第 紙芝居によるナガスクジラの骨格標本の製作経過説明
        愛称のお披露目
        優秀作品応募者へ記念品贈呈
  ・そ の 他 このイベントは無料ですが、博物館エリア内につき、博物館入館料(大人300円、高校・大学生200円)が必要です。ただし、中学生以下・障害者・市内在住の65歳以上の方は無料です。

■クジラ標本の写真
http://www.omnh.net/whatsnew/kujira.jpg
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/2about/press_res/photo/p0porch.jpg
自然史フェスティバル2006(2006年3月)
ゲスト

名無しさん 2007/4/3 14:15:59  SITE  [返信] [編集]

 旧フォーラムからの移転情報です.

 関西を中心に活動している自然関連のサークル、地域の自然保護団体など、84の団体が出展し、展示や発表を3月11〜12日に行います。多くのみなさんに自然に関わる活動の楽しさや、大阪の自然の現状を伝えたいと思っています。楽しい体験コーナーもあります。3月12日(日)には松岡達英さん(自然絵本作家)の講演会「自然と友達になろう〜見ることと描くこと〜」を開催します。ぜひ、遊びに来てください。

http://www.mus-nh.city.osaka.jp/npo/fes/2006/index.html

 新規投稿 | スレッド表示 | ツリー表示 | 投稿順表示 | i-mode | トップ 

BluesBB ©Sting_Band
サイト内検索

Powered by XOOPS ◇ Desinged by OCEAN-NET
Copyright(c)2004 All rights reserved.